娘 夢の高校生活 1。

親としての 様々な 葛藤が続き、ブログにも 綴れない日々だった。

娘 夢については、一年間以上の 時間が過ぎてしまった。



中学校を 不登校で通した娘は、高校に入学後は、人が変わった

かのようだ。

明るい表情をしていて、それが一番、嬉しい

 
2014年、9月現在 娘は、高校2年生に進級して、毎日、順調に、

充実した日々を送っている。

 
高校一年の夏休み前頃には、自分の将来の未来図を かなり具体的

に描くようになっていた。



将来の夢は、管理栄養士。

大学で、栄養を専攻して、管理栄養士の国家試験を受けるそうだ。



そのためには、今どうするべきか、志に 向かう姿勢は真摯だ。

化学や生物は、栄養学科に進むには必須だそうで、特に力を

入れている。



具体的に、志望大学も ほぼ 決めた。

1年生の時点で、すでに、大学の案内や募集要項も取り寄せた。

オープンキャンパスにも、母と二人で参加した。



あの不登校の日々は、何だったのだろう。

何かに 吹っ切れたのだろうか。

2年生は、 夏休み前の時点で、皆勤 だ。

相変わらず、生理痛はひどいが、体調不良の時でも がんばっている。



母は、体調不良の日は、正門傍まで、車で送迎したり、 できる限りの

サポートはしている。

高校1年生の頃は、あまり 無理をすると、また学校に通えなくなるの

ではないか、と 秘かに心配もした。

でも、もう 大丈夫。

母は、あの不登校の日々のことを、忘れてしまっている時もある程だ。



娘は、不登校を経験して、ひとまわり成長して、強くなったようだ
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック