中学3年生、次男 海、15歳の秋~尾崎 豊の歌を 思い出した 息子の反抗。

中学3年生になった 次男 海の日々…。 親として、どうあるべきか、悩み、辛い日々…。 ふと、尾崎豊の 卒業、15の夜の 唄が 頭をよぎった。 行儀よく まじめなんて 出来やしなかった 夜の校舎 窓ガラス 壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く 自由になりたかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more