テーマ:病気

メタボかぁさん、緊急入院~手術後の経過が悪く、何と 3度目の入院。

手術が終わり熱が下がったら、こんなにも すっきりするんだと、 喜んだのも 束の間だった。 2度目の退院後、ゴールデンウィークは どう過ごそうかと、 安堵の気持ちでいた 矢先だった。 何だか、具合が優れない。 体が 思うように動かない。 やるべきことが、たくさんあるのに、思うばかりで、実行に 移せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタボかぁさん、緊急入院~転院し、再び 手術  2。

三日前に、やっと、退院できた。 初めて 全身麻酔による手術を受けた。 腎臓の手術。 一時間ぐらいの 手術だった。 紹介されて転院した専門の病院は、施設も、医師も、申し分ない。 より高い医療が受けられることは、心の奥深いところで、安心感 となった。 何事もなく、無事に 手術は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

メタボかぁさん、緊急入院。

3月の半ばから、高熱がでていた。 それも 41度。 やはり、ただごとではなかった。 内科医の、抗生剤の内服で、完治するレベルでは、なかった。 8日間、緊急入院してきて、一昨日 退院してきた。 外来での、CT や、血液検査で、その場で、すぐに、入院が必要だと、 言われてしま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

それぞれの 学年末~母の場合。 初めての 41度高熱、腎盂腎炎で ダウン中。

先週から、まさかの 急な高熱。 熱は、一気に 41度まで上がった。 今まで、長く 生きてきた中で、40度を超える熱は、初めての 経験だ。 咳も、鼻水も、風邪症状はない。 3月も半ばだが、インフルエンザに違いないと、考えた。 今年は、年の初めに、病院でインフルエンザかどうか…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

中学1年 息子 海、今の状態は、五月雨登校なのか?

同じ中学3年に、不登校の姉を持つ 1年生の海。 週に何日か、登校できない状態が 続いている。 この1週間は、月、火、水曜日と、三日も続けて休んで しまう状態だった。 頭が痛いと、訴えて、登校しようとしないのだ。 朝は、無理にだが起こして、朝ごはんを 食べさせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013年 波乱の日々。 メタボかぁさん、今度は、怪我~肋軟骨損傷。

今度は、まさかの、肋軟骨損傷。 全治一か月。 この痛みは、2週間程で、治る見込だそうだ。 金曜日、大げさな 事故ではなかった。 日常、良くあるぐらいのこと。 胸部を捻って、斜め後ろに 倒れた。 胸部に 一瞬、強い痛みが走った。 その時には、まさか、肋骨が骨折しているかもしれないなんて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年 波乱のスタート。

今日は、七草の日。 まだ、新年は七日間だけだというのに、いろいろあった波乱の  歳の初めだった。 ひとつは、自分の体調不良だ。 暮れから 風邪気味だったが、日一日と 悪化。 五日には、熱も出て、病院で インフルエンザかどうかの 検査も 受けてきた。 幸い インフルエンザではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタボかぁさん、今度は、親不知の 抜歯。

左下の 親不知を 抜歯した。 今は、長年の 気がかりが ひとつ減った想いで、すっきりした。 抜歯から数日が過ぎて、後は、抜糸を待つばかりだ。 何針か、縫ったとのことだが、幸い、骨を削るまではしないで 抜くことができたので、比較的 軽く済んだようだ。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月12日 月曜日。 母の日記より~右目の充血。

土曜日に、 右目が 兎の眼のように、真っ赤に なってしまった。 充血なんて ものじゃない。 白目が、真っ赤だ。 このところ、次男までも、登校できなくて、精神的に かなり 落ち込んでいた 矢先だ。 頭の 重い日も 多い。 次は 目か…。 次々起こる 災い…。 朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学1年生、海。 4日ぶりの 登校。

息子 海は、3日続けて欠席した。 学校では 風邪が はやり始めている。 風邪気味で、頭が痛いと 訴えて、辛そうでもあるので、 自宅で 様子をみた。 母にしてみたら、たった3日が、長かった。 熱もないし、咳もない。 痛みは、伝わってはこないが、一日中、ひたすら、寝込んでいる …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不登校の 子供たちを抱える母の苦悩~祖母の認知症。

子供好きの 祖母は、いつも 子育てをサポートしてくれた。 子育てをするうえで、一番大事なもの、「愛情」 に溢れていた。 いつも いつも 子供たちの気持ちに 寄り添ってくれていた。 無条件に、孫を 可愛がってくれた。 長男 空が、幼稚園の時、 家に遊びに来てくれた祖母が、 空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人兄弟、3人とも 平日(木曜日)なのに在宅~母、絶望の一日。

長かった 夏も やっと 終わり、秋の気配も 感じられるように なった。  さわやかな季節を 迎えたというのに、相変わらずの 子供たちに 絶望さえ 感じた 一日だった。 娘は、腰痛を 訴えて、一日 のんびりと テレビの前で、DVD 「花より団子」 の 観賞をしていた。 本来なら、今日は、中学の …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一難去って、また一難。今度は、インフルエンザで、ダウン。薬が使えず、高熱一週間…。

6年生の 息子が インフルエンザに 罹ってから 数日後。 今度は、母が インフルエンザに 罹ってしまった。 息子は、一番熱が 高かった時で、37.6℃だったが、母は 38℃を 越える熱が出た。 息子が 罹り、リレンザを 処方してくれた 近所の 内科に 辛いなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難病の告知から2年。 精密検査の結果、 難病では なかった 5.

これから 書こうとしていることは、このブログには、ふさわしくない かもしれない。 難病でなかったことに、がっかりしているのは、夫だけはないという 本音だ。 自分自身も、実は、 「何で今更…」 と 考えていた。 自分自身、難病で、その難病が悪化すれば、 もう この辛い 日々 から 解放される。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

難病の告知から2年。 精密検査の結果、 難病では なかった 4.

難病でなかったと わかった時の、夫の反応には あきれた。 今更、難病でないと言われても 困る…それが 夫の思いだった。 難病でなかった事実を、こんな風に思うなどとは、さすがに考えてなかった。 言われていた 難病ではなかったことは、すぐに 病院の 駐車場から、夫に、メールで 知らせた。 そして、医…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

難病の告知から2年。 精密検査の結果、 難病では なかった 3.

一昨日、親友のおかぁさん が 難しい心臓の 手術を受けた。 心配で、 何もできないのに、気が付けば、一日中、そのことが、 頭から 離れなかっった。 無事に 手術が終わり、 麻酔からも覚めたという 嬉しいメールが 届いた。 こんな時だからこそ、何か、役にたてればと、 心から 思った。 自分自身が 元気な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難病の告知から2年。 精密検査の結果、 難病では なかった 2.

難病だと、医師から 告知をされた時 、一番の気ががりは、 母のことだった。 娘として、親より先に 死ぬようなことが あってはならない、と それだけは、譲れないと、強く 思った。 事実、母は、どうして そんな病気になったのだろうか、と、すごく 嘆いた。 2年前は、まだ、母は、凛としていた。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難病の告知から2年。 精密検査の結果、 難病では なかった 1.

自分自身の 病気のことを ブログに 書きたいと 思う。 先月下旬、肝臓の精密検査のために 入院検査を受けた。 数日前、その結果が、判明した。 結果は、考えてもいないものだった。 医師からは、「自己免疫の 難病」 は、否定的な見解だ、と 伝えられた。 難病を 確定するための 検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学6年生 海、インフルエンザで  ダウン。そして、学級閉鎖 になり、療養。

6年生 海 は、 咳と 頭痛、そして ひどい のどの痛み を 訴えて ダウンしてしまった。 しばらく 前から、クラスでは、インフルエンザで お休みする 子が 増え始めていた。  いつもの 手ごたえのない 頭痛と違い、 咳の様子、具合の 悪さ、症状が 急性のウィルス性の病気 を思わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母、肝生検の入院、退院のあとで…。 不登校の子供たちは、相変わらずの マイペース。

退院は、土曜日だった。 母は、退院の日でさえも、子供たちの 昼ごはんを、ドライブスルー の 牛丼屋さん で、買って帰った。 自分たちのご飯を、近くのコンビニ、お弁当屋さん、スーパーに、 買いに行ってくれる子が 誰もいないのだ。 自転車で、そう遠くない所に 店は いくつもあるのに…。 そんなことすら、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらくぶりの ブログ。 母、無事に 退院 で、ひとまず ほっ。

自分自身の 病気の悪化に伴い、検査のために、予定していた 入院をしていた。 という訳で、久しぶりのブログの 更新となった。 主婦であり、母である 自分が、 何日かでも 家を空けるとなると 大騒動だった。 何はともあれ、肝生検は、無事に終わった。 あとは、来月の結果待ちだ。 子供たちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母、病気悪化で 年明けの入院、決定…まずは、「肝生検」。 いよいよ 来るべき時が来た。 

子どもたちの 様々な 、予期せぬことで ストレス の日々。 前回の 自分自身の 通院日は、キャンセルしてしまった。 前回の通院日から 4か月が 過ぎていた。 正直な話、自分自身の 病気のことどころではない 日常だった。 数日前、4か月ぶりに、診察、検査を 受けた。 次に かかりつけの 医師の診断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校2年生、息子は、高校だけでなく、病院にも 行けず…。 母は、ショック!

子供たちの不登校は、進展せずに、辛いことばかりで、ブログの 更新もできずにいた。  高校2年生の 息子の 様子は、良い状態ではない。 心配な様子だ。 そう、10月頃は、学校にこそ行けない状態だったが、明るい顔を 見せることもあり、 いつか、良くなると、希望も 持てた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母の 難病を 娘に 告知 2.

自分自身、  親なんて、 いつまでも 元気だと 思っていた。 だが、 父親は、急性心筋梗塞で 倒れ、 そのまま 帰らぬ人に なってしまった。 昭和の 最後の年、 昭和63年のことだ。 通勤電車で、 乗り換えの 大きな駅で 苦しくなり、駅から  救急車で 運ばれたらしい。 今のように 携帯電話など 無か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の 難病を 娘に 告知 1  

今日、中学2年生の 娘に 母の 病気について 、話をした。 母が、医師から 難病の 疑いが高いこと、血液検査の データーは、 その病気を 示していることを聞いて、3年になる。 難病とは、原因が わからないこと。 そして、治療法が 確定していない病気で、国が指定した病気である らしい。 母は、おおむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「起立性調節障害の 子供の日常生活サポート ブック 」 田中秀高 著 を 読んで。 不登校の 娘は?

中学2年の 娘の 不登校は、 ずっと 続いているが、 どんなことなのか、 わからずに、時間ばかりが過ぎている。 児童精神科医 の 先生には、精神疾患や、発達障害も なく、 心配ない と言われた。 あとは、 「起立性調節障害」 か、 「新型うつ病」 と いうことに なるのだろうか…。  この 田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校2年生 そら、 心理検査の結果、判明。 うつ病では、ない との 診断。

今日は、病院に 父親、母親、本人の 3人で、心理検査の 結果 を 聞きに行った。 新しく 通い始めた 病院は、 3回目の 通院だ。 心理検査の 結果、診断は…。 実は、この ブログ、 長男 空 や、父親も 読んでいるかもしれず、 また、今後、読むかもしれないことを、考えたら、コメントしにくくなって し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校2年生の 息子、今日 初めて 病院で 心理検査を 実施。

今日は、病院 の予約日だった。 片道 たっぷり 一時間半 かかる 病院の 精神科だ。   息子は 「心理検査」 を 受けた。 心療内科 クリニックに 通った 一年間には、 受けるように 勧められもしなかった 検査だ。 検査は、初めて だった。 逆に言えば、今までは、脳の C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「母は、30日も 不登校対応で、5人の人と 話し、精神的に 疲労。母は 精神薬 を呑んで、 熟...

「母は、30日も 不登校対応で、5人の人と 話し、精神的に 疲労。母は 精神薬 を呑んで、 熟睡 1。」について 精神科、心療内科の 医療費、薬代に ついて。    ( 自立支援医療制度 に ついて )       医療費に ついては、負担額が 多いなぁ、とは、  感じつつも、早く 元気になって欲しい一心で、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母は、30日も 不登校対応で、5人の人と 話し、精神的に 疲労。母は 精神薬 を呑んで、 熟睡 1。

30日の午前中は、心療内科の 医師 と 面談(診察)した。  診断書作成には、本人が、受診しなければならないと、いうので、 高校生の 息子と、 診察を受けた。 うまく 説明できないが、 余りの 対応の悪さに 唖然とした。 連れて行った 本人には、「具合が どうでうか?」 とも 聞かなかった。 自…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more