テーマ:非行

2015年 3月、次男 海、中学校を 卒業 3~憧れのとび職。

引退まで、運動部に所属していた 息子。 中学3年の6~7月頃、部活動が引退になれば、少しは 自分の 将来に向けて、真摯に向き合う時期がくるだろうと、母は期待して いた。   しかし、待っても待っても、卒業したらどうしたいのか、高校に進学 したいのかさえ、伝わってこなかった。 息子は将来の自分の進…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2015年 3月、次男 海、中学校を 卒業 2~金髪、ピアスにタトゥー。

卒業式の翌日のことだった。 母は、まだ 卒業式の余韻に浸る中のことだった。 卒業で解放された 彼らの動きは、早かった。 まだ、次のことまで 母が想定する時間もなかった。 茶髪、金髪。 息子の友人数人は、黒髪からも卒業したかったようだ。 息子 海は、いつもより早い時間に帰宅して、大急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学3年生、次男 海、15歳の秋~尾崎 豊の歌を 思い出した 息子の反抗。

中学3年生になった 次男 海の日々…。 親として、どうあるべきか、悩み、辛い日々…。 ふと、尾崎豊の 卒業、15の夜の 唄が 頭をよぎった。 行儀よく まじめなんて 出来やしなかった 夜の校舎 窓ガラス 壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く 自由になりたかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生、次男 海、14歳の夏 5~なぜ、保護でなく、補導、現行犯逮捕だったのか!

中学生 息子、14歳の 9月始めの 金曜日のことは、何か月も経った今 でさえ、母の胸に大きなしこりを 残している。 夜10時頃、警察署から、一本の電話が掛かってきた。 クラスメートO君、13歳と共に、何か 事件を起こした様子だった。 訳もわからず、大急ぎで 警察署に向かった。    建造物侵入罪。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生、次男 海、14歳の夏 4~電子タバコと、ライター収集。

息子が、ライターに 興味をもったのは、14歳の夏よりもう少し前 のことだったと、思う。 ジッポのライター、誰かに貰ったというライターを 所持していた。 かっこいいから、確か そんな 説明だった。 そして、14歳の夏。 遊び仲間の子が、公園で 補導されたという話が 耳に入るようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生、次男 海、14歳の夏 3~自転車改造

クラスメートの いじめ、嫌がらせをきっかけに 何日も 学校を 休んでしまってからは、息子の生活は、一変した。 母は、とにかく まずは、どんな形でもいいから、遅れてでもいいから 登校させたかった。 しかし、いじめられたという クラスメートのいる教室には、足を 踏み入れるのも無理だった。 そして …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more