テーマ:適応障害

新しい 生活、順調に 発動。 ゴールデン ウィークに 突入 2。

三人の 子供たちが 慌ただしく 登校する 忙しい朝が  戻ってきた。 尿検査の日が、偶然重なり、 紙コップに 並べた検体が 誰のだか わからなくなって しまう ハプニング もあった。 高校生の 息子の 尿検査の日だということまで 知らなかった から、まさか 早朝に、 次男の ための…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

不登校 娘、 ついに 中学3年生に。  次男 海は、同じ中学に 入学 3.

娘は、 始業式当日は、いわゆる 別室登校した。 中学では、教室に通えない生徒のために、「別室」 を設置している。 市内どこの学校にも ある 相談室 だ。 そこには、 朝10時ごろからは、担当の先生が、いらして、娘の ように、 教室に通えない生徒を 迎えて くださる。 娘は、学校を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不登校 娘、 ついに 中学3年生に。  次男 海は、同じ中学に 入学 2.

娘は、中学3年生になった。 この4月。 娘は、きっぱりと、教室には、もう 通う意思がないと、 意思表明を した。 今、親も、不登校である 娘の生活を 認めた形だ。 何とかして 登校できないものかと、思いあぐねていた頃より、 気持ち的には、軽くなった。 娘も 明るくなった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高校生 空、「産んで 欲しくはなかった」 と。  その言葉は、重く…。

感情的だった 訳ではない。 静かな 会話からの 言葉だった。 息子は、生きることの 何が そんなに 辛いのだろう。 17歳。 人生で 一番、 輝いている 時期だ。 何を やっても楽しかった、 そんな 自分の過去が脳裏をよぎる。 「産んで欲しいと 頼んだ訳ではない」 その 言葉は、母の心 を 鋭く …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生 息子、不登校から、簿記検定への 挑戦。

鬱状態の 期間を経て、 現在 全く 登校できない息子。 心配する母の 言葉には、 訳のわからぬ理屈を 並べる。 結局は、嫌なこと、面倒なことをが できない 言い訳では ないのか、とさえ思える昨今だ。 この 土日は、国立大学の 前期二次試験 が 実施された …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生 空、 登校できたのは、半日だけ。 やはり、 学校復帰は、難しいらしい。

5か月ぶりに 登校できた空。 疲れても、 嫌な想いをしたとしても、 少しずつでも 登校して ほしい。 できたら、毎日、少しの時間でいいから、教室の机 に 座ってほしい。 その母の 願いは、届かず、また2日間、続けて 欠席して しまった。 結果、登校できたのは、半日だけだ。 この2日間は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生 空、 5か月ぶりの 登校。 

9月に、数日だけ 登校できたあと、 またまた5か月間は、 登校することができなかった、息子。 やっと、悲願の 登校が できた。 たった 半日の 登校だったが、ここまで 来るのに 長い 時間が かかってしまった。 息子にとっては、大きな試練だった。 正直、教室の 自分の席に着く日は、来ないかもし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高校生 空、 復学は、なかなか かなわず…。

復学は、なかなか 困難なようだ。 月曜日から、とにかく 少しの時間でもいいから 登校できる ように 高校の先生とも 話し合いを したが、結局、昨日は 登校する気配は なかった。 気配どころか、 ほぼ 一日中 寝ていた。 復学が もう少しで 叶うかもしれないと、期待していただけに、 母は がっかりしてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生 空、休学中の 高校での 面談に 参加。 来年度からの 進路の話し合いに 臨む。

高校を ずっと休んでいる 高校2年生 空が、校舎の中に 入れたのは、どのくらいぶりだろう。 思えば、校舎の中に、入ることもできなかった時期もあり、 5か月程が 過ぎている。 長期の欠席、不登校の状態は、すでに 1年以上に なる。 昨日、夜6…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高校生 空、 来年度からの進路の決定に向けて。

「適応障害」 と 診断された 息子は、 高校に通えない日 が、続いている。 実は、10日ほど前に、 医師に 記載してもらった診断書を 提出するために、高校へ 出向き、担任の先生とも 話を させて もらってきた。 母ひとりでの 担任の先生との面談と なった。 しかし、その時は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母、肝生検の入院、退院のあとで…。 不登校の子供たちは、相変わらずの マイペース。

退院は、土曜日だった。 母は、退院の日でさえも、子供たちの 昼ごはんを、ドライブスルー の 牛丼屋さん で、買って帰った。 自分たちのご飯を、近くのコンビニ、お弁当屋さん、スーパーに、 買いに行ってくれる子が 誰もいないのだ。 自転車で、そう遠くない所に 店は いくつもあるのに…。 そんなことすら、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらくぶりの ブログ。 母、無事に 退院 で、ひとまず ほっ。

自分自身の 病気の悪化に伴い、検査のために、予定していた 入院をしていた。 という訳で、久しぶりのブログの 更新となった。 主婦であり、母である 自分が、 何日かでも 家を空けるとなると 大騒動だった。 何はともあれ、肝生検は、無事に終わった。 あとは、来月の結果待ちだ。 子供たちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生 空、 医師の診断は、「 適応障害 」。 

数日前の 診察日。 前回同様またまた、息子は、通院を拒否して、 母だけでの 通院と なった。 医師には、高校に 提出する 診断書を 記載してもらってきた。 早く、一日も早く 回復できたらと願う母と、本人は 温度差がある。 通院ができれば、回復も 進んでいくに違いないが、どうに…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

高校2年生の 息子、今日 初めて 病院で 心理検査を 実施。

今日は、病院 の予約日だった。 片道 たっぷり 一時間半 かかる 病院の 精神科だ。   息子は 「心理検査」 を 受けた。 心療内科 クリニックに 通った 一年間には、 受けるように 勧められもしなかった 検査だ。 検査は、初めて だった。 逆に言えば、今までは、脳の C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学2年生の娘。 気儘にみえる 生活。 高校進学の希望も 不明確のまま、不登校は 続く~。

娘は、相変わらず、学校や 勉強に、意欲はない。 適応教室は、行ったり、休んだり…。 休む日は、声をかけても ほとんど 返事もなく、午後4時まで 眠り続けることも 珍しくない。 自分のこと 以外の、手伝いを 少しでも して欲しくて、 お米を 炊飯器に セットして欲しい、 食器を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校中退者の その後の 進路について。 休学後は、 留年か、 中退か、どうするべきか。

高校2年生の 息子は、 精神疾患を 患い、今も 休学中だ。 不登校なのか、病気なのか さえ 親が 迷うような 状態を 経て、 今は、 精神科治療をしながら、自宅にて 休養中だ。 だいぶ 欠席したとはいえ、まだ 年度末の 進級が 可能で あった時点で、 息子は、 勉強が 遅れた状態での 進級は 意味がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

診断名 が違う。 これって、誤診じゃないの? 精神科は、誤診とは、言わないの?

 「双極性感情障害 Ⅱ型」 軽症~中等度 うつ病 エピソード。 高校1年、15歳で、 息子は、そう 診断された。 躁の状態と、うつの 状態の 感情の波があるが、Ⅰ型のように はっきりとした 波では ないと いう。 一年間の 通院。 経過が 思わしくないことで、患者の前で 首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生 空、 大きな病院の 精神科を 受診。 なんと、双極性障害 では、ない、と 診断!

ほぼ1年間、 市内の 心療内科に のみ、通い続けた、息子。 今日は、 初めての 転院だった。 今までの 個人のクリニックと違い、 大病院である。 経過が 思わしくなく、 長期に 不登校な状態が 続いているので、 藁をもつかむ 想いだ。 息子は、今まで 「双極性障害 Ⅱ型」 と、 診断されていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more